ご購入方法お支払・決済方法発送・配送方法お問い合せQ&Aカートをみる
 

ゴムクローラー交換方法(建機)

ゴムクローラー交換方法 一般的なゴムクローラーの交換方法をご案内致します。
あくまでも一例ですので、対象の機種ごと確認下さい。

※モデル機種 クボタ RX303
  • ゴムクローラー交換作業は一部に危険を伴う場合があり、正しく行わない時には事故につながる可能性があります。
  • 各機種やモデルにより、交換方法が異なる場合がございます。
  • 機種により特殊工具を必要とします。
建設機械の場合機体自体での持ち上げが一般的ですが、下記のように持ち上げた場合 必ず機体本体下に台座・ジャッキ等を設置し、降下防止対策をして交換作業は必ず 2人以上で行い合図の取決め確認をしてから作業に入ってください。
  • 安全装置を解除した場合、他の操作レバー等に触れた時に車両が動きます。
    ご注意下さい。
  • 機種により、エンジン始動中であっても自然降下の可能性がございます。
    ご注意下さい。
ゴムクローラー交換方法
機体側面に、ニップルバルブがついてます。
(機種により蓋がある場合があります。)
ニップルバルブを緩め、グリスを排出します。
この装置の内部のグリスは常に高圧がかかっておりグリス排出バルブなどを急激に緩めすぎたりすると内部グリスが飛び出したりし、顔などを近づけていたりすると重大な事故につながります。グリス排出バルブを緩める時はゆっくりとゴムクローラーの状態を確認しながら操作して下さい。
ニップルバルブを完全に取り除きます。
取り除いたついでにパーツクリーナー等で洗浄して下さい。
ゴムクローラー交換方法
グリスの排出により、ゴムクローラーが写真の用に縮みます。
縮みが弱い場合などはゴムクローラーを多少前後に動かす・アイドラーを押し込むなどで縮む場合があります。